保存運動をごいっしょに
 松代大本営の保存をすすめる会入会のご案内
 長野市の南部にある城下町・松代に残されている巨大な地下壕群が、松代大本営跡です。第二次世界大戦末期に戦争指導者が、空襲を避け本土決戦を指揮し、「国体護持」をはかるために、その移転先とした掘ったものです。
 象山には行政の一部、舞鶴山に大本営と御座所、皆神山に食糧倉庫を置く予定で掘られ、総延長10キロにおよぶ地下壕は、強制連行を含む6500人余の朝鮮人労働者を中心に、1944年秋から45年の敗戦まで約9ヶ月間掘削されました。
 関連施設は松代だけでなく長野市周辺、善光寺平一帯にひろがっています。
 この貴重な戦争遺跡を平和のために保存公開し、「平和祈念館」を建設したいと、呼びかけたのは高校生たちでした。私たち市民もこれに共感し、1986年に「松代大本営の保存をすすめる会」を結成し、地下壕の適切な保存と公開を求め、調査・研究・案内などを行っています。
 年々過去の戦争体験者が少なくなっている今、戦争遺跡を通して戦争の実相を学び考えることの重要さが再認識されてきています。私たちは地下壕を見歩くことで戦争の恐ろしさ、愚かさ、悲惨さ、非情さなどを事実として学び、平和を発信していきたいと願って活動しています。ご一緒に活動いたしませんか。
 入会のご案内
入会は個人でも団体でもOKです。入会金は不要です。
年会費を郵便振替でお送りください。
(振替用紙の通信欄に必要事項を記入してください)

会費
  1年間(1月〜12月 1口あたり)
  団体 5,000円  個人 3,000円
  学生   500円  高校生以下無料
@振替が届いた時点で入会を確認し、会報『保存運動』の本年分をお送りします。
A会報を通じ、活動状況、見学会、講演会、イベント、総会(年1回)などのご案内をします。
B会発行の書籍などをお求めの際、会員特典(千円以上5%引き)があります。
C会報への投稿、会や活動に対するご意見等を気軽に事務局にお寄せください。

会計年度は1月1日から12月31日です。10月からの入会は次年度分となります。
 連 絡 先
〒380-0928 長野市若里3−5−5 きぼうの家内
   TEL・FAX 026-228-8415
郵便振替
   加入者   「松代大本営の保存をすすめる会」
   記号番号 00550−9−27696