松代大本営地下壕のご案内
■1944年11月11日、松代の三つの山に地下壕が掘りはじめられました
 東京から遠く離れた信州の、山に囲まれた盆地。近くに飛行場もあり工事に都合の良い広さの平地もある。そこに横たわる抗弾力に富む固い岩盤の山々。
 「神州」に通ずる信州の純朴な人柄と風格。
 大本営を移転し,天皇を移動させるにふさわしい所と判断されたようです。

 大本営とは
 戦争のとき天皇のもとで作戦をねり、戦争を指揮する日本軍の最高司令部のことです。アジア太平洋戦争の末期、敗戦色の濃くなった日本は、本土決戦に備え、東京にあった大本営を松代に移転しようと計画し大地下壕を掘りました。
■象山に掘られた象山地下壕に入って見ましょう
 管理人室に立ち寄り,管理人さんに挨拶をし、どこから何人で来たかを告げ、壕内での注意を聞いてください。
 地下壕入り口の左側に象山地下壕全体の様子が描かれています。
 この象山地下壕は,政府、日本放送協会(NHK),中央電話局などが移転してくる予定でした。
 幅4m,中心の高さ2.7m、軒高2mの縦坑(本抗)が20m間隔で20本、それをつなぐ横坑(連絡抗)が50m間隔で掘られ,碁盤の目のように造られています。全長は5900mあり、松代で最大の地下壕です。このうちの500mが公開されています。
 壕の中は3m部分を部屋に、1m部分を通路にする予定で,敗戦時には8割方できあがっていました。現在は取り壊されています。

防衛庁保管の図面、1945年6月18日東部軍付帯施設実施要領と関係者の証言より作成
■壕内には当時の遺物が残されています!
壕内総延長 約5,854m
概算掘削土量 約59,635㎥
  10tダンプ 約15000台分
  1m当2.5t 1台当4㎥として
壕内床面積  約23,404㎡
崩壊土量   約850㎥
   掘削土量の割には少なく岩が
   硬く安定していることを示している


松代大本営跡(象山口)調査報告書
(有)日新技研設計事務所 昭和61年
作成図より写図
①つきささってまま抜けなくなった削岩機のロッド
 頭上の岩盤にささっているさびた鉄棒は、ダイナマイトを仕込むために穴を開けていて抜けなくなった削岩機のロッドです。
 約60年間ここに突き刺さったまま残っています。
 未公開部分にはこのようなロッドが4~5本残っています。
 (写真の手前のロッドは当時のもの)
②5番壕から清野側を望む
 金網の向こう、明かりの見える所が、発破をかけて崩した岩を小さく砕き,トロッコに載せて運び出した方角です。
 そして、地下壕の工事に携わった人々の宿舎(飯場)があったところです。工事関係者の中には多くの朝鮮人(徴用で強制的に連れてこられた人を含む)が働いていました。泥湿地で、冬は雪が舞い込むような粗造りのバラックに粗末な食事で昼夜兼行2交代(初めは3交代)で働かされました。
 周辺地域では、働ける男性は兵隊にとられていない中、残っていた大人で編成された勤労報国隊や学童・生徒も動員されて工事を手伝いました。
 飯場の中には、地面に直接屋根を組み、板敷きの床を置いただけの三角兵舎も含まれていました。
  (右の写真は 三角兵舎)
③木片
先端に「がいし」をつけて、壕内に電線を引くため使った材木です。壕内の天井や壁にたくさん残っていましたが、公開部分で確認できるのはこれだけです。
④地下壕に残された文字や絵
未公開部分には写真のような絵や文字がいくつか残されています。「大邱」は「テグ」と読み韓国の都市の名です。誰がいつ書いたものかわかりませんが、働いていた人が故郷を偲んで書いたのではないかと想像されています。舞鶴山地下壕にはハングル文字も残っています。工事の時に使うアセチレンランプの煤で描いたらしいといわれていますが、どんな気持ちで描いたのでしょう。

 11番壕は、とてもきれいなかまぼこ型に掘り上げられています。この壕を担当した労働者の技術が高かったのでしょうか?
⑤トロッコの枕木の跡
 11番壕、12番壕の地面に残っている凹凸は、壕を掘って出た石屑(ズリ)を載せて運び出すトロッコの線路の下に設置した枕木の跡です。
 枕木が地面に沈んだように見えるのは、トロッコの重みによるものではなく、ズリがこぼれ落ちてたまったものです。
⑥削岩機の跡
 壁面を丁寧に見歩くと半円形の削岩機で穴を開けた跡がたくさんあります。半円形のものだけでなく、ダイナマイトが入っていたと思われる円形の穴も残っています。
 また、削岩機に空気を送り込むためのコンプレッサーを設置したコンクリートの台座が1番壕と20番壕の外に残っています。
⑦測点跡
 測量のための測点跡が15番壕の天井に残っています。ここに測量機器を吊して水平度や方向を測量した場所です。
 歩いてみると分かりますが、縦横の壕が実に正確にまっすぐ掘られていて、当時の技術の高さが知らされます。
⑧平和への思いを込めて!
 15番壕は公開されている500mの終点です。
 訪れる多くの方々はここで地下壕の犠牲になった人々を偲び、今も戦火にあえぐ世界の子どもたちに思いをはせ、平和への思いを歌に、詩に、メッセージに託してセレモニーを行っています。
 掲げられた寄せ書きを読んでみてください。ここで学んだ小学生・中学生・高校生の声が聞こえてきます。
掘削工事のすすめ方
○削岩機で岩に穴をあけ、ダイナマイトを仕掛けます。(ダイナマイトは少なくて4カ所、多くは20カ所以上の穴に、それぞれ何本かずつ入れ、導火線に火をつけて爆破させます)
○ダイナマイトが爆発して岩がふっとんでくるのを、岩かげに身を寄せて避け、崩れてきた大きな岩をツチやノミで小さく砕きます。
○細かく砕いた石くず(ズリ)は、トロッコに載せたり、モッコでかついで壕の外に運び出します。
○穴の最先端の最も危険なところで働かされたのは、朝鮮の人たちでした。
松代と沖縄
 この地下壕を広く知らしめたのは、近くの高校生たち(元篠ノ井旭高校、現長野俊英高校)です。沖縄で多くの人々の命を奪った戦争の傷跡を病院壕の中で目のあたりにした高校生たちは、長野に帰って、沖縄戦の最中に掘っていた松代の地下壕研究をはじめ、ここを平和のために公開してほしいと訴え、1990年、500m区間が公開されました。以来、年間10万人を越える人々が訪れています。
 敗戦色の濃くなった日本が、本土決戦に備え、「国体護持」のために大本営や天皇を安全な松代へ移転させようと、大地下壕を掘り進めている間、時間かせぎのために犠牲になった沖縄のことも考えながら歩いてみてください。


  ☆ここで紹介した松代大本営地下壕については 「松代大本営の保存をすすめる会」「NPO法人松代大本営平和祈念館」発行の
  「松代大本営 象山地下壕 ひとり歩き」
  からの抜粋です。

  冊子を希望の方は下記までおたずね下さい
  〒380-0928 長野市若里3-5-5 きぼうの家内 NPO法人松代大本営平和祈念館 TEL&FAX 026-224-1772

   ホームへもどる